作曲事務所や音楽出版社にデモテープを送る際に気をつけたいポイント4選

作曲事務所や音楽出版社にデモテープを送る際に気をつけたいポイント4選

こんにちは!しいたけです。
最近色々な音楽出版社や事務所にデモテープを送っていたのですが、1社からお返事を頂き2時審査に進めることになりました。
その際に担当の方から「こうしたほうがいい」みたいな簡単なアドバイス?も頂けたので、それを踏まえてデモテープを送る際に意識したほうがいいな、と思ったことをいくつか書いていきたいと思います。

MIXはマジで丁寧にやれ

MIXって難しいですよね。
特に最初のうちはコンプとかイコライザーかけても違いなんて全然分からないと思います。
僕もまだまだ勉強中です。
マキシマイザー?なにそれ(^ω^)状態です
作家事務所なんかに所属するとおそらくコンペ中心に曲を製作していくことになるかと思うのですが、音源のクオリティとしては製品版とほぼ変わらないクオリティが求められるみたいです。
デモの段階でその辺のCDショップに並んでてもおかしくないレベルの物を作れってことですね。
事務所の偉い人たちなんかはそんなレベルの楽曲を毎日聴いてるわけですから、最低限そのクオリティは維持しなきゃいくらメロディが良くても相手にしてくれないでしょう。
例えば、いくら性能が良い車でも見た目が傷だらけでボロッボロだったら車屋さんは営業しづらいですよね?
だからこそ板金なりなんなりして見た目を整えてから販売する。
デモ曲送る場合も同じで、ある程度のクオリティを維持した上で初めて曲の中身で勝負できる。
多分そういうことなんだと思います。
まあ僕の場合、今思えばMIXの知識とかもそんなにない段階でデモ送りまくっちゃったから今回お返事頂けたのはホント奇跡みたいなもんだと思ってます。
歌手になりたい、バンドで売れたい、作曲家になりたい!とかでこれからデモを送るって方はそれなりのクオリティで送りましょう。

歌モノの場合は仮歌を最重視しろ

シンガーソングライターの方や、バンドで活動してる方なんかは自分たちで歌を入れることになると思うので、仮歌さんに依頼するってことはあんまりないかと思います。
ただ僕のように作曲やりたい!って方は仮歌さんに頼ることって多いですよね。
流石に男なのに可愛いアイドル系の曲の歌は自分で入れれないですからね。
そこで仮歌さんに歌を歌ってもらうことになると思うのですが、ちゃんと自分の曲に合った雰囲気の声の方に歌ってもらいましょう。
歌モノのメインはやっぱり歌です。
どんなにメロや編曲が良くても歌がないと始まらないしその曲の色を決定づける非常に大事なものです。
可愛い系のアイドル楽曲のコンペにめちゃめちゃ渋い声の仮歌さんを採用したりしないですよね?
個性ありすぎやん!!ってなっちゃいます。

仮歌さんにお願いする時に気をつけたいこと

仮歌さんにお願いする手段としてTwitterやココナラなんかがあると思うのですが、僕はずっとココナラを使わせてもらってます。
理由としてはTwitterだとなんとなく不安だなあと思って。。
ココナラ良いですよ!基本的にお願いしたらすぐ対応してくれる方が多い印象です。
ただ注意点があります。
ココナラで仮歌をやっている方は自分が歌っているサンプル動画などを載せている方が多いのですが、サンプルの雰囲気と実際にお願いして歌ってもらった歌声の雰囲気が著しく違う場合が稀にあります。
サンプルの音声いじりすぎってことですね。
もちろんサンプル音声は自分の魅力が最大限に伝わるように作るべきだし、集客を集めるためにも色々な工夫が必要だと思います。
ただ購買層はそれを聴いてニーズを感じた上でサービスを購入するわけなので、そのニーズに応える努力をするのは当たり前ですよね?
例えばファミレスの入り口にあるサンプルを見て美味しそう、と思って入店し注文→想像より小さかったりすることはあっても大体サンプルと似たようなのが出てきます。
この当たり前の流れを全然理解してない方につい最近巡り会いました。
サンプル音声聴く→お!良いじゃん!この人に仮歌お願いしたいな!→歌えるキーや予定を確認し、依頼→できました!
あれ?音程全然あってなくない…?
てか声途中でひっくり返ってるやん。
そんなきついキーなんて使ってないで…。
しかもテンポずれすぎ。
俗にいう音痴でした。
僕が厳しいとかじゃなくて。絶対誰が聴いても音痴。
みんなでカラオケとか行ったら音痴すぎて皆気使っていじれない感じのやつ。
サンプル音声なんなん?ピッチ修正しまくって波形のタイミング修正しまくった結果なん?その時だけ奇跡起きたん?
お前これお金発生してるんだよ?
完全にサンプル音声詐欺でした。
ちょっと録り直して欲しいとかそんなレベルじゃなかったので諦めてお礼だけ伝えて終わりました。
まあすごく稀なパターンだと思いますけどね!
大体の方は逆にこんなしょぼい曲でごめんなさい…って思うぐらいクオリティ高い歌を歌って頂けます。
自分好みの声すぎて普通にファンになった仮歌さんもいるぐらいですw
たまに変な人もいるので気をつけましょう(T . T)

データでデモを送る際はファイル名に自分の名前を入れよう!

実際にデモを送って聴いて頂いた際に「お!この曲良くない?」ってなってもファイルに名前が入ってないとそのままスルーされることがあるみたいです。
探せば誰から送られてきた曲なのかは確認できるそうなのですが、割と手間なのでそこまではしないと。
これは事務所によってバラバラなのかもしれませんが、念のために音源ファイルには名前を入れておきましょう。
せっかく気に留めてもらったのにそんな理由でチャンスを逃してしまってはもったいないですよね。

最後に

先週、デモを送った事務所にお返事を頂いてから約1週間が経ちました。
ただ2時審査に進めただけなのでこれから新たに曲を提出してどうなるかって感じです。
3曲ほど想定アーティストを指定され、期限までに提出しなければならないのでここ1週間は作曲、編曲、MIX、昼寝、アマゾンプライムビデオを観たりと大忙しでした←
現状あと一曲分の仮歌データを待っている状態で、これをMIXすれば作業完了です。
期限が1週間ちょっとしかなかったのでカツカツだな…と思ってましたが
現在クソニートなう
なので期限は割と大丈夫そうです。
一番の問題は何かって金がないことですよねw
すぐバイト探して行動しなきゃいけないんですけど、1つのことに集中してる間って他のこと手につかないタイプなんですよねw
今月の家賃とか色々払った結果
全財産6万…だと…
m(_ _)m

 

 

(^ω^)
まあなんとかなっか!
よくも悪くもこの超楽観的な思考回路のおかげで今こうやってやりたいことに向かって走っていけてるし、追い詰められてもいますw
てかブログ書く時間あるなら仕事探せやwって感じですよねw
皆さんはこうならないように気をつけて下さい!←
それではまた!

Pocket
LINEで送る

音楽活動カテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。